f:id:manchester-98-99-rs:20160524110536j:plain

DCコミックスとワーナーがタッグを組んで取り組んでいるプロジェクト

”DCエクスティンディッド・ユニバース”、その中でもDCコミックスの

ヒーロー達が集結する映画”ジャスティス・リーグ”は他のDC映画に

比べてダークな描き方はしていないと脚本を務めるクリス・テリオが明かした。

 

今回の方針の背景には”バットマンvsスーパーマン ジャスティス誕生”が

ダーク要素が多く、暗いストーリーだったことで期待されたほどのヒットに

つながらなかったからともされている。

 

ソース:海外ドラマNAVI

 

重厚でダークなところがDCらしさと言えばDCらしさなんですけどねー