統合失調症にはいろいろなタイプがいて、

自分の部屋に閉じこもって、外に出られない人、

家にいられなくて、外を歩きまわる人がいる。

 

私の場合、家の中にいられなくて外に出てしまうタイプだ。

なぜか? といえば、上階からの音が、いつ聞こえるかわからない

という恐怖感のためだ。

 

外へ出てどこへ行くか? というと大したことはなくて

図書館か、ファミレスか、喫茶店か、というところだ。

だから、あんまりお金がかからず出歩ける。

 

今日は、何となく外に出たくなくて

ずっと家にいて、年賀状の返事を書いたり、

昨年度のお金の収支決算をしたりしていた。

 

私の場合、恐怖感というか、落ち着きの無さ、というのが

まだあるので、落ち着きたいときは、セロクエルを飲む。

 

数年前、私は、夜寝ていて、ものすごく動悸がする、という症状があった。

眠っていて、急に100メートルを全力疾走した時のような動悸、息切れが

出るのだ。目が覚めて、しばらくの間は、心臓が激しく動悸を打っている。

 

この症状はセロクエルを飲んで治まった。

 

心臓が苦しくなるのが不安で、ある時、メンタルクリニックの医者に

「寝ていて動悸がひどくなるのは、心臓が悪いのですか?」

と、聞いたことがある。

 

医者の答えは

「薬を飲んで治まらなかったら心臓が悪い。薬を飲んで収まったら、自律神経」

であった。

 

私の場合、セロクエルを飲んで治まっているので自律神経なのだろう。

 

今、セロクエルは25mmを1錠半飲んでいる。

あと、心に落ち着きが無いとき、追加で1錠飲む時もある。

 

今日は昼間、落ち着いて家にいたいので、追加で1錠飲んでしまった。

 

おかげで、落ち着いて1日中、家にいることができ

昨年度の家計簿(つけています)の収支決算をした。

 

私一人の収支決算でも、(だらだらやっているので)一年分まとめて計算すると時間がかかり、結局1日中計算機をたたいていた。

 

薬の副作用と病気による過食で5kg太ってしまい。

顔が丸々としていて、着るものが合わない。

 

今年は痩せること

何とか引っ越しをすること、を木標にしたい。